> >
       
     
掲載日:2018.04.08      
●  2018.04.08 第22回黒塚桜まつり
       
     
   4月8日(日)柳本公園で柳本校区桜まつり実行委員会  
  主催の「黒塚桜まつり」が開催されました。  
    今年は全国的に開花が早く公園の桜もすっかり散って  
  藤も咲き「葉桜まつり?」になってしまいましたが、各種  
  団体の多数の模擬店のテントが周囲を囲み多くの人々  
  のざわめき、子供たちの歓声で賑やかでした。  
    当、柳本もてなしのまちづくり会花炭を展示し、  
  竹炭焼みたらし団子を販売しました。  
     
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
       
     
掲載日:2018.04.08      
●  平成30年4月7日(土) 山の辺の道「菜の花」鑑賞会
       
   山の辺の道ファンクラブ(竹田則康会長)主催の山の辺の道「菜の花」鑑賞会が景行天皇陵の東側山の辺の道沿道
  で行われた。  
   黒塚古墳展示館駐車場に集合して崇神天皇陵を経て  
  鑑賞会場まで山の辺の道を観光案内受けながら1時間  
  足らずウォーキング。多くの親子連れと高齢者で約70名  
  の参加であった11時に現地着くと山の辺ファンクラブ  
  の方々が手塩にかけて育てた菜の花が今盛りとまぶしく  
  咲き誇っていた。菜の花畑を望む小高い丘に設けられた  
  イベント会場では2人の演者によるコンサートが有り、  
  ギターの伴奏に合わせソロやふるさと等を合唱した。  
  その後、12時過ぎからその場所菜の花を鑑賞しながらの  
  各々が持参の弁当を味わった。その後現地自由解散と  
  なり、輪投げ、お皿廻し工作、いちご苗の提供、メダカの  
  斡旋等が催されていた。        (広報担当 田中健雄記)  
     
   
       
   
       
   
       
       
     
掲載日:2018.03.23      
● 平成 30 年 3 月 23 日(金) 〜 柳本町早春探索紀行 〜
       
   崇神天皇稜、山の辺の道方面を探索しました。  
   五智堂の柳は若葉が溢れんばかりに息づいていました。  
  柳本公園の桜は 2 分咲きの花がちらほらと見られ、  
  崇神天皇稜のり面ではたんぽぽが可憐に咲き、つくしも  
  全身を地表に現していました。  
   山の辺の道ではうっすらと春霞の金剛、葛城そして  
  大和三山が遠望でき、道傍では真っ赤な花のボケが  
  咲き誇っていました。そして景行天皇陵東面では菜の花  
  が今にも咲きださん情景でぽかぽか陽気の春はすぐそば  
  まで訪れているようでした。  
     
 
(広報担当 田中健雄記)
 
     
     
   
       
   
       
   
       
       
     
掲載日:2018.03.12      
● 2018.03.11  体育振興会健康ウォーキング
       
   平成30年3月11日(日)柳本校区体育振興会が主催する健康ウォーキングが行われた。
    9時に、黒塚古墳展示館駐車場出発→(バス)→キトラ古墳→高松塚古墳→国営飛鳥歴史公園館(昼食)→
  →飛鳥京跡苑池→万葉文化館→黒塚古墳展示館駐車場に15時頃帰着、の行呈で約8kmをウォーキングであった。
  総勢50名の参加。 アップダウンで多少きついところも  
  有ったようであるが、梅が満開の春うららの快晴で  
  持ってこいのウォーキング日和であった。  
    見どころはキトラ古墳に隣接する四神の館(ししんの  
  やかた)でキトラ古墳や壁画についてわかりやすく楽しく  
  学べる体感型の施設。 壁画の4画マルチ高精細映像  
  や中に入ることも出来る原寸大の石室模型も有った。  
  また、道中には鬼のせっちん亀石酒船石等の  
  石造物目立った。  
    体育振興会健康ウォーキングの趣旨は健康増進、  
  親睦、交流を深める機会とするとうたっているが今回の  
  飛鳥路ウォーキングは趣旨を十分満足させるもので  
  あったようである。  
     
   
       
   
       
   
       
   
       
       
     
掲載日:2018.03.05      
● 第39回柳本公民館まつり開かれる。
       
   平成30年3月3日(土)〜 4日(日)柳本公民館まつりが柳本公民館まつり実行委員会の主催で開催された。
    3日(土)4日(日)ともに大会議室で盆栽・絵画・書道・手編み等、2階和室で生花、階段で柳本小6年生版画作品・
  公民館活動写真の展示がそれぞれあった。又2階小会議室では「囲碁」「将棋」の体験コーナーも開かれていた。
    4日(日)は9時15分より天理市障害者ふれあいセンター大会議室で活動発表会があった。
  まず、森脇完一公民館まつり実行委員長より「この発表会は教室・クラブ活動されている方々が年に1度、
  日頃の成果を表すもので張り切って頑張って楽しんで発表頂く様お願いします。」と挨拶があり、
  次に川口延良県議会議員、今西康世・東田匡弘・堀田佳照市議会議員の来賓紹介があった。そして来賓を代表
  して川口延良県議会議員より祝辞のなかで「平昌冬季オリンピック女子スピードスケート500メートルで金メダルに輝いた
  小平奈緒選手のモットーはインド独立の父ガンジーの言葉『明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ』
  であった。」と紹介し生涯学習と社会教育の  
  大切さを話された。引き続いて大正琴クラブ、長寿会  
  カラオケクラブ、カラオケ教室、太極拳教室、コーラス教室  
  等々の方々の発表があった。最後に岡田好隆  
  副実行委員長より閉会の言葉があり12時に終了した。  
    模擬店は女性学級による鉢花の販売が3日・4日に  
  有り早々の完売となった。柳本商工会青年部の  
  みたらし団子・たこ焼きは4日の11時頃より販売で  
  ここも活況であった。体育振興会他による餅つき、  
  ぜんざいは4日午前11時、午後1時の2回そして豚汁は  
  4日正午頃よりふるまいが有り長蛇の列が出来た。  
  又、公民館入り口受付では、甘酒・コーヒー・お茶等の  
  飲み物の提供が有り、見学の合間や休憩の際に多くの  
  人々が手にコップを持ってくつろいでおられた。  
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
       
     
掲載日:2018.02.21      
● 平成30年3月3日(土)〜4日(日) 「第39回 柳本公民館まつり」が開催されます
       
 
皆さん挙ってお出でください。
       
 
       
       
     
掲載日:2018.02.19      
● 平成30年2月17日(土)〜18日(日) 式上公民館まつり開催
       
   17日(土)のハイライトは餅つきでした。11時頃からもち米と古代米を黄金比率でブレンドしたもち米を蒸して、
  来賓の並河市長及び児童等で餅つきを行い、きな粉餅としてぜんざいとともに振舞われました。赤飯に似た味で
  柔らかさが適度で美味しいと好評でした。
    18日(日)は11時30分より学習発表会の開会式があり、北野実行委員会長「生涯学習の場として学びあい、
  ふれあいされた70名、7教室・クラスの皆さんが日頃の成果を精一杯発表されますので微笑み、楽しくお聞きください。」
  と挨拶がありました。続いて来賓の森継教育長「人生100年生き抜くには健康第一でその為には読み、書き、歩くが
  大切。」と述べられ、今西市会議員「公民館は社会福祉、防災の拠点で有り又ふれあいの場としてお互いに
  助け助け合い、いい人生を送る為に大いに利用しましょう。」と話されました。
  その後に大正琴、詩吟、カラオケ、民謡、コーラス、真美健康体操の各教室・クラブの皆さんの学習発表会がありました。
    そして17日(土)、18日(日)の両日とも、フラワーアレンジメント教室、編物教室、女性学級、よつば会の皆さんの作品、
  小学生の作品が展示されました。
       
   
       
   
       
   
       
       
     
掲載日:2018.01.28      
● 平成30年1月28日(日) 竹炭・花炭窯出し実施
       
   昨年12月17日に43回目の竹炭・花炭の窯入れをして1週間程度の温度管理を経て冷却期間を置き窯出し
  を行いました。
   奈良フェニックス大学から2名の応援も得て約20名で雪のチラつくなかチームワーク良く円滑に作業が進みました。
  ブリキ缶から見出された竹炭は黒々と光輝くものでありました。花炭は倉庫に運び後日の開缶となっています。
       
   
       
       
     
掲載日:2018.01.18      
● 平成30年1月18日(木) フェニックス大学 「地域づくりシンポジウム」で当会の活動が紹介される
       
   奈良フェニックス大学主催の第4回地域づくりシンポジウムが豊かな奈良へ夢をかたちに、心を合わせて地域と
  共にのテーマの基に郡山ホールで開催された。柳本もてなしのまちづくりの会からは北村会長ら5名が傾聴した。
    第1部地域づくり分科会は6事例、第2部観光振興分科会は3事例の発表があった。
  柳本もてなしのまちづくり会の活動は地域づくり分化会活動発表の中で奈良フェニックス大学の高岡氏より
  「天理・柳本地域活性、地域の集い 〜夢を育む柳灯会〜」と題して発表され叙情歌「遙か山の辺の道」も
  紹介された。いづれの発表も地域活性化づくりの熱い思い伝えられていた。
       
   
       
       
     
掲載日:2018.01.08      
● 平成30年1月8日  御田植祭 (おんださい) 挙行
       
   御田植祭が伊射奈岐神社で農家組合、土地改良組合及び自治連合会の主催もと商工連盟、市議、公民館長
  そして氏子総代ら約30名の列席で営われた。
    10時30分より拝殿で笠松健宮司の祝詞、各団体代表による玉ぐしを奉り農作物の豊作、商売繁盛、町中の健康と
  繁栄を祈願しました。
    11時より拝殿前でお供えの餅まきが行われました。今年は紅白もちを200袋用意され多くの参拝の方々が
  歓喜の声でゲットされていました。
   
   
       
   
       
       
     
掲載日:2018.01.01      
● 平成30年正月  專行院・伊射奈岐神社の新年
       
 
松庵山 專行院   
     伊射奈岐神社